patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




夏休み(和歌山・大阪) :: 2016/10/19(Wed)



ライン79


遅い夏休み。
念願の和歌山県・友ヶ島に行ってきました。
明治時代から終戦まで旧陸軍が使用していた
砲台跡や弾薬庫跡などがあります。


161019g.jpg


この静かなロケーション。時が止まった感じ。
一番人気はこの第3砲台跡。


161019h.jpg


比較的自由に散策でき、
その分「十分注意して慎重に」の看板がw

この弾薬庫跡には入って進むことが出来て
向こう側には丸い砲台跡がありました。
懐中電灯があったほうが探検が楽しめます。



島全体に旧軍事施設が点在しており
山道はあまり整備されていません。

161019i.jpg


その辺が横須賀にある猿島と違うところで、
野趣あふれていて良かったです。



頑張って第4砲台跡にも行きました。

161019j.jpg


光がよい具合に影を落として
もう何年、何十年経ったのでしょう。


161019k.jpg


曾おじいちゃんの時代からそこにあった建物かとおもうと
なんだか不思議な感じです。




3時間でも全部廻るのは無理。
いや、その前に「見ろ!足が棒のようだ!」
体が持ちません・・・ああ運動不足。
帰りの船(臨時便が出ました)を待ちました。


161019m.jpg


淡路島が見えます。


161019l.jpg


加太港のお宿では海が見える露天風呂&鯛づくしのお料理で
美味しかった!




大阪では定番の海遊館ももちろん行きましたけど
「前に通天閣、後ろにアベノハルカスが見える」天王寺公園からの、
新世界、通天閣あたりを練り歩きました。


161019a.jpg

食べ歩きや活気のある商店街や

161019b.jpg

味のある商店街や街並みが

161019e.jpg

楽しかったです。


どこまでも続く商店街をずっと行って少し離れたところへ移動すると、
そこは偶然でした。

161019d.jpg


この建物は大正時代のかつての遊郭で
いまでは登録有形文化財です。料亭(注:本来の)として営業中。


この辺りは大正から続く・・・な界隈だねと旦那サンからちょこっと解説。
(あえて写真なし。男子ばっかりでしたw)
妖艶でどこかレトロな、ちょっともう他では見ない世界(なんじゃないかな)。
風俗は興味ないけど・・・
各店先に灯る提灯と赤絨毯とピンク色と座っているお姉さん(美人)が印象的。


161019c.jpg


向こうに見えるのはアベノハルカス。
この地区だけ時代が止まった感じ。
そのうち再開発で消えるのでしょうね、こういうところ。
そう思うと感慨深いです。

女性が行くと怒られて塩まかれることもあるらしい。
良い子はいかないでね♪


大阪では夜景の綺麗なホテルに泊まりました。

161019f.jpg



3日間を通してとっても暑かった。蒸し暑かった!


和歌山では暑くて暑くて和歌山城の紅葉渓庭園で一休み。

161019n.jpg


和歌山ラーメン

161019o.jpg

煮干ベースの鶏ガラ出汁。黒いスープで濃ゆいのかと思いきや
後味さっぱりでおいしかった!




ライン49




↓ランキングに参加しています↓
↓素敵なベランダがたくさん♪↓
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ




  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:4




名古屋 :: 2016/05/09(Mon)



ライン79


ゴールデンウィークは基本お仕事なのですが
今年は連休を希望して、名古屋に行ってきました!

3年ぶりかなー、行くのは。
去年名古屋港水族館にできた生体サンゴ水槽も見たいし
前にいったお庭も春の様子が見たいし
名古屋ハンズのツーソン即売会「ミネラルロマンス」にも行きたいし。

え?ハンズが本命って??^^;
そ、そんなこと無いよ、うん。


生体サンゴ水槽~。

160501e.jpg


シャチも可愛い~。

160501a.jpg


他にもウミガメやらイカやら、もちろんイルカも!
あとベルーガも可愛かったし・・・ちゃんとみなさん正面に来てくれて。
なんやかんやで4時間いましたね。たのしかった~。


中○電力のお庭。ブルーボネット。

160501b.jpg


疲れない程度の、こじんまりとした素敵なお庭。
奥にあるワイルドフラワーガーデンも色とりどりでした。
途中でソフトクリームを食べたり
ユーフォニウムのミニコンサートがあったりで、
ゆっくり癒されてきました。


あとは、日赤の旧正門や中村区大門町あたりの旧遊郭地区をぶらぶら。
当時の風情が残る場所、大門町はスーパーマーケットの隣に○ープランドがあったり
立派な元遊郭が、今はデイサービスになっていたり・・・
(ノスタルジーな雰囲気がご老人に好評なんだそうです)。
なかなかディープでシュールな地区でした。
古い元遊郭の建物のような妖しげな建物群は文化的価値とか、
あまり重要視されないのでしょうかね。
古い硝子、立派な門、重厚な造り・・・
それらが時代に取り残されつつ、そして無くなりつつあるところです。


そして!名古屋ハンズ。
10階の「ミネラルロマンス」会場で
なんともジェミーなインディゴライト♪


160501d.jpg

頭もちゃんとあって(←これ重要!)太さも(←これも重要!)あってキレイ♪



7階の常設展示で
すごく悩んだハイツ鉱山の紫蛍石。。。
ガラスケースから出してもらって見せてもらったのですが
置いてきてしまい。。。


160501c.jpg

忘れられずに次の日にも旦那さんに寄ってもらって
明るいところでよく見せてもらって、結局お迎え^^

ゾーニングと店員さんが決め手です。

なんかね、やっぱりね、
お財布にやさしいお値段なのですよ、名古屋ハンズって。
迷っていてもやっぱり買いかなー、ってね。


楽しかったです。むふふ。



ランキングに参加しています↓
↓素敵なベランダがたくさん♪↓
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ



  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:0




那須高原(2015.10.17-18) :: 2015/10/19(Mon)


ライン79



ずーっといきたいと思っていた那須に
紅葉の時期を待って、行って来ました。
お目当ては藤城美術館とコピスガーデン。
それと、
那須野が原開拓時代の明治の洋館があったりするので、それも^^

◆10月17日

バイク移動なので天気によって行ったり行けなかったりするため、
当日の天気が微妙。。。(´・ω・`)しょぼーん
雨雲とは逆方向だったため思い切ってカッパ着て出発。
そんなに土砂降りでもなく、北上するにつれ雨は去り


151017a.jpg


↑山縣有朋記念館に昼に付いたときは
お日様が出てきました(よかった;;

151017f.jpg

↑旧青木家別邸
こちらでは思いがけないコスモスの花畑にびっくり。
(駐車場からチラ見出来たとき、旦那さんから「わーすごい!」の言葉にもびっくり嬉。)
綺麗でした。白い洋館が絵になります。

夏はひまわり畑のようで、それも素敵♪

なんと、青木周蔵氏はドイツ貴族令嬢と国際結婚!
時代を考えると凄いですね。
前にあった、某朝ドラみたいです。。。
娘のハナさん、少女時代がまた可愛らしいのです♪

当時は船旅なので荷物用のトランクがいくつか展示されています。
これは有名ブランドの年代もの。
青木一族ゆかりの人の所有で、青木夫妻が直接使用したものではありませんが
船会社のラベルもアールデコデザインで当時が偲ばれます。

151017d.jpg

1924年(大正13年)12月24日、パリ本店で購入された記録が実際あるそうで
この年代ではフランス製品は日本で見ることが稀な、非常に珍しいもの、とのこと。
ふう。華やか~。


那須野ヶ原の華族農場は
大農場に主人の館がある、ヨーロッパのスタイルに憧れて
開拓の流れに乗って明治のお偉いさんがこぞって農場を開いたんですって。
その時の洋館が残り、いまだ自宅として住まわれている方もいるとか。


次は、お目当ての藤城清治美術館

1年ぐらい前から行きたいと思っていて
今回念願かないました(道に迷いました;;)。

入り口から本館へと向かう雑木林も小人が住んでいそうな雰囲気

151017j.jpg

館内は撮影ダメなので、文字で印象を。

TEPCO天気予報でみたり
母が読んでいた「暮らしの手帳」などの雑誌で慣れ親しんだものだけに
懐かしさもあいまって、とても良かったです。

なんだろう。
目にする機会の多かった子供の頃はほとんど興味なかったんですが
この年になって忘れていた心象風景や好奇心、子供心、
ものづくりの大変さや工夫の素晴らしさ・・・などなど。
思うところが多かったですね。

光と影、淡い色彩、水の表現…とっても幻想的でメルヘンでうっとり。

印刷と違って
立体感や仕組みをみれるのも、実物展示はいいな~、と。


教会もありました。ここは撮影OK。


151017i_20151019111806bf0.jpg


◆10月18日

コピスガーデンにもいってきました。
ここも新しいので、ガイドマップに載ってなく住所を頼りに辿り着きました。
途中、地元のコンビニでも聞いたのですが・・・知られていないのですね。
おかげで?穴場感たっぷり^^ゆっくり見れました。

151018a.jpg


アヒルちゃん。

151018b.jpg


朝露が残るガーデン内は薔薇や草花が咲いていて、
中でも一目惚れの薔薇を*^^*

151018c.jpg


この後姿!
弁底の黄色からサーモンピンクのにじみ具合が◎!

151018d.jpg


蕾もまん丸、かわいい♪
正面の咲いたお顔も
落ち着いた色に和紙のような質感で、わーん好き!
香りも~.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

名札は「アマンディーン・シャネル」
ギヨーの薔薇でした。

151018f.jpg

上を見れば赤・黄緑・緑に、空の青、雲の白。
ちょっとひんやりした空気は本当に好き。

薔薇、宿根草のほかにもミニサイズ多肉、ガーデンアクセサリーが
たくさん売ってて悶絶もの (ゝω・)


最後は栃木県なかがわ水遊園で、

151018j.jpg


コバルトブルーの鮎や、イトヨ↓

151018k.jpg


うーんはじめて見た☆

帰りは地元農産直売所で野菜を買って
おいしいものはその日のうちに!
家に帰って美味しく頂きました。


ライン49




↓ランキングに参加しています↓
↓素敵なベランダがたくさん♪↓
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ



  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:4




長崎造船所 資料館(2015.9.16) :: 2015/09/27(Sun)


ライン47


長崎最終日は
事前に予約していた三菱の長崎造船所資料館へ。

指定のバス停から直通バスで向かいました。

敷地内に入った後、
昨日軍艦島に行く途中に長崎港内から見たジャイアントカンチレバークレーンを
今度は車窓から間近に見上げながら、資料館である「旧木型場」へ。

150924b.jpg


三菱造船所の鋳物工場に併設の「木型場」として建設された
レンガ造りの建物は、明治31年建設ですって!
原爆の被害はあまり無かったそうです。
まさに百年以上、風雪に耐えてそこにある建物。
「木型」というのは船の部品の原型を木で作ったもの。
その工程をする作業所だったんですねぇ。
この木型をもとに、鋳造で部品を量産するのだそうです。

先に感想からいうと、いままでの知識や記憶に関連のあるものばかりで
ああ、皆ここから出発したんだな~と思うことが多く、面白かったです。

ジャイアントカンチレバークレーンや戦艦「武蔵」を建造した第2船台、
100万トンドックは
昨日実物を海上から見ていたので、あれのことねー ^-^って思えました。

ダイヤモンドプリンセスとサファイアプリンセスについては
前にダイヤモンドプリンセス号は横浜港で偶然見たことがあります()。
ここで出来たのか~。
外から見るのではわからない、内装の様子も写真展示でフムフム♪
「んん?サファイアプリンセスって?旧ダイヤモンドプリンセス~?
ふむ、こういう事があったのねー。」
と、展示している新聞記事を興味深く読みました。


さらに
おお、青葉!ここで生まれたのか!

150924c.jpg

150924d.jpg

呉でみたよー。
最後の写真、印象残ってるよ()


岩崎弥太郎についても、東京の旧岩崎邸いきました。
ドラマも見てました(笑)



戦艦「武蔵」(昭和天皇も写っています)

150924a.jpg


最近フィリピン海底で発見されましたしね。



展示されているものの、「その後」
・・・が頭の中でグルグルと。
「その後」の様子はそれぞれ見た場所は違えど、ここで「その前」が一気に見れるなんて。
不思議面白かったです。

すごく楽しかったので、説明45分のあとの自由時間15分が短かった~!
説明を受けた後だからこそじっくり見たーい。

福山も良いけど、長崎と云えばさだ世代なので、
サイン色紙もあって嬉しかったっす*^^*
各客船のメニュー表のデザインとかもっと見たかった~。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。





◆◆◆



4日間、他に行ったところは
島原・・・鯉の泳ぐ町、武家屋敷、島原城
長崎市・・・亀山社中記念館、龍馬のブーツ像、大浦天主堂、グラバー園、
       歴史博物館、聖ドミンゴ教会跡、立山防空壕

龍馬像の風頭公園へ行こうとして、看板をたまたま見つけて、
地図を見てみると、お、これショートカットじゃね♪と昇った幣振坂。
ひたすら墓地の中を階段を昇る昇るのぼる・・・のぼ・・・る・・。
昇っていくにつれ、墓石が古くなっていくようなナイ様な^^;ふいー。
上に来るのも大変ですよね、かなり荒れてますが・・・。
長崎に嫁にきたら大変だな。。。
だんだん階段すらも荒れてあやしくなり・・・
見た感じ明治ぐらいの墓石のところまで行ったんじゃないかな?
着きませんーー;;
旦那さんが少し先に行ってみてくることに。
藪、蚊、急坂、古い墓・・・こわいよーかえりたいよーTT
旦那さん曰く、先は獣道だったと。で、帰りが急勾配階段のため昇りより怖かった~。

結論。
「幣振坂から風頭公園へは行けません(物理的に無理)」

今ブログ書くのに調べたら、
この坂は映画のロケ地だったんですね(それで看板が?
そんで同じ事をして行けなかった人がいた(笑

長崎市の公式観光サイトでは「風頭山頂へと続く坂道」と書いていますが。
実際いけるのかいけないのか。
謎です(;´д`)トホホ…




ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ




  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:0




軍艦島(端島炭鉱)(2015.9.15) :: 2015/09/20(Sun)



ライン47


右舷に陣取り、船会社の桟橋を出発~。


まずは長崎港内を案内。
ジャイアントカンチレバークレーンや戦艦「武蔵」を建造した第2船台、
100万トンドック(これは左舷)
神ノ島教会と岬のマリア像、伊王島の聖ミカエル天主堂をみながら・・・。

海からみる島の教会は荘厳でした。
右舷に座るのがおススメですね^^b

ずーーっと進んでいくと

150921a.jpg


ズーーーム


150921b.jpg


手前の中ノ島の影に見え隠れするように
周りの緑の島々と明らかに異なる、黒い角張った建造物が水平線に現れ始めました。


海から団地が生えている (((゚д゚;)・・・マグリットかなんかのシュールな光景。

・・・と、ここで。
手前に見える、中ノ島もなかなかの見所です。これもTV「廃墟の休日」でやってたやつ~!
軍艦島にはなかった火葬場、墓場が造られた島。公園の遺構もあります。


軍艦島(端島)

150921c.jpg




クルーズ業者は四社ほどあり、
うち、今回のクルーズ業者は他に比べると少し小さめな船で少人数制。
(その分、ツアー中もガイドさんの声が聞き取りやすかったです。ある会社の船は140名の大所帯だそうで!)
各会社が上陸まで順番で待ちます。
なので、軍艦島上陸までの間、船は島を一周~。
右の座席の人に説明して、向きを替えて左の座席の人にも~
・・・と波の上でグルグル^^;
学校側と、桟橋とは反対側(つまり住民は見ることができなかった側)が特に、
良~~く見ることができました。


150921d.jpg
(海上から撮影)

祠が残っています。これ見たかったんです。

150921g.jpg
(海上から撮影)

神社本体は木造だったため崩壊してしまいました。



しかしながら、そもそもが乗り物酔いしやすい私です・・・
だんだん船酔い~ (-ω- ↓↓↓

乗船前に酔い止め飲んでいたけどイマヒトツ。
(チュアブルだったことに今更気付く。飲んじゃってたよ・・・ort)
用量は守らず追加で内服(今度はちゃんと噛みました)

デッキに出て外の空気を吸いなんとか持ちこたえることができました。
酔いやすい方は、酔い止め薬とデッキのお席をおススメします。



上陸~(´∀`;;
上陸してから皆さん一斉に撮影に夢中。
すごい・・・皆すごい・・・(←まだフラフラ)。


島の原点。もともとの岩場です。
・・・人工の「軍艦島」になる前は唯のちいさな岩の島だったんだとか。

150921h.jpg


第2竪坑入り口につながっていた「命の階段」

150921j.jpg


とても過酷な鉱山の仕事・・・笑顔で終業を迎える時も、もちろん何らかの事情で運ばれる時も
この階段を通ります。
ちなみに竪坑から坑道へは秒速8メートルの速度で行くので失神する人もいたとか。
炭坑夫の足の裏についた石炭の粉が染み付いていて、
この階段は今でも真っ黒です。

端島小中学校です。
日当たりが悪い為、窓面積が大きくとられています。
まだガラスが残っています。

150921f.jpg

150921e.jpg


去年の台風で屋根が一部落ちたそうです。
去年以前の画像と比べても、崩れてるいることがわかります。


150921i.jpg

150921k.jpg



◆◆◆


見学中でもガシャーンと音がする時あるそうです。
今でも崩れ続けている軍艦島。



建物の上に木々が茂ってるのは
緑と土に触れ合うことが少ない子供たちの為にと始めた、屋上緑化の名残り。
私たちには廃墟でも、住んでいた人には懐かしいふるさと。



ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ






  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:0



前のページ 次のページ