patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




佐渡にて :: 2013/10/21(Mon)


ライン47


両津港
ジェットフィルだと新潟港から1時間ほど。
波止場から、乗ってきた船をパチリ。


131006a.jpg


白雲台よりの眺め
右側に真野湾

131007c.jpg

真ん中に国仲平野

131007d.jpg

左側に両津港

131007e.jpg

ジェットフォイルがちょうど
出港&入港しているところが見えました。
右端にはフェリーも。

131007z.jpg

佐渡ヶ島の‘くびれ’が一望できる白雲台。

数年前ぐらいに来た時は、
景色の雄大さとは裏腹に寂れていた所(白雲荘・・・廃墟??)ですが
(いや、個人的にその雰囲気も好きです)
いまや綺麗に整備され、交流センターなるものが出来ていました。
観光バス&客も、ちょうどワイワイガヤガヤ来ていて
バスの表札を見たら、私の住んでる所の隣町の人たち |ω・`) 
都会の人たちが佐渡に来てる!という嬉しい反面、
現実に引き戻された一瞬でした・・・ナハハ。

前はそのまま山を通り越していって
昇り以上の急勾配、急カーブ、ガードレール無しという状況に
懲りた思い出があり、
青空をたくさん見て良い気持ちになった後は
一人での運転だし、素直に麓へと戻りました。
白雲台へお越しの際は軽自動車ではご注意ください。

そうそう。
GWの時期(→2007年☆)はカタクリ草がこれでもかと咲き乱れ
ユキワリ草とのコラボが美しいです♪ぜひ。


交流センターで買った牛乳。
佐渡牛乳、美味しいです。


131007b.jpg


加茂湖の湖岸から見える浅瀬。
夕方で太陽の反射がない時の写真。
相変わらずの透明度!
沖に向かって湖底が深く、水が濃く青くなっていくのが
湖岸から見えるんですよ。

131007a.jpg

魚とヒトデ。

131007x.jpg


レトロ好きとなった今、これが改めて見たかったんです。
おじいちゃんち(母の実家)の古い硝子。
中から見るとユラユラ具合があまりわからなかったのですが
外から見ると写真のとおり。
まるで硝子に裏表があるみたい。気泡はありませんでした。

131007f.jpg


おばあちゃんの古いタンスから頂戴してきた
レトロかわいい着物。想いでも相まって、一目惚れ。

131008c.jpg


佐渡を離れる日

フェリーとジェットフォイル

131008a.jpg


親戚の家(父の実家)にもご挨拶できて
年取った!なんて笑いながら話したりもして、楽しんできました。
まあ、あちこちで「朱鷺」前面押しなのはちょっとやりすぎ感も否めませんが
島を盛り上げよう、と頑張っているんだな、と。
もともと、漁業と農業と生活の島で、観光地ではなかったので
そういうの、不慣れで未整備なところがあります。
観光客のため外に眼を向けるあまりに、都会の言葉を話す島の人たち。
前来た時は、
一生懸命に標準語を話そうとするけれども島言葉が出てくる仲居さんに
(もちろん若い人じゃなく、島のおばあちゃんです)
変な話だけどショックで申し訳なさを感じました。どうぞいつもの言葉で話して!

そんな思いがあるからか、
今回
お店に来ているおばちゃんたちの井戸端会議は脇で聞いていても楽しいものでした。
コンビニや24時間営業の店は少ないです。
それでいいです。
島らしさや方言をなくして欲しくないなあ。



ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ





  1. くつ箱旅に出る
  2. | comment:0



<<レインボームーンストーン | top | サボさんの花>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する