patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




スペサルチン 満ばん柘榴石 :: 2012/01/27(Fri)

夏、いつもの西荻窪での鉱物Barのあとに
「鉱物ミタテ図鑑」の出版記念としての鉱物Barが蔵前であり
そちらにも行ってきました。

冬の薄氷に見立てた透石膏や彫刻作品のような珪乳石、
魚眼石の摩天楼と自由の女神・・・
西荻の時とは違って今回のは「ミタテ」により注目していて
今回も著者のフジイさんが応対してくださって
説明をしてくれました。
隅田川とスカイツリーが見れたり
共通するお気に入りのネットショップの話も盛り上がり
とても楽しい時間でした。
(そのショップのカートオープン時には
フジイさんはお目当てのものを手に入れられたかしら。。。)


チョコ用グラシン紙にのせられて
3つの仕切りの長方形トリュフ箱に収まっていた満ばん柘榴石
おいしそう、とつまんで一つ頂きました。

120113k.jpg


あとで「鉱物ミタテ図鑑」を購入して読んでみたら

120113j.jpg

購入した満ばん柘榴石が載ってる~!
ビックリ大興奮です。
本に掲載していたモデルさん達を販売していたとは知らなかった~(o^-^o) ウフッ

アルミカップのようなピッタリのモールドは、後付け。
石はグラシン紙のまま、頂いたのですが
やはり外枠の箱がないと頼りないなあ・・・と思っていたところ
その後のアンティークフェアで、「このサイズはきっとピッタリ!」と直感したものです。
そういうの、嬉しい♪








  1. 鉱物
  2. | comment:0



<<冬の植え替え | top | メリクロン姉妹>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する