patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




優しい色の棚受け :: 2010/12/05(Sun)




先日のさいたまアンティークフェアにて。

ブースをほとんど巡っても
どうしても欲しい!みたいな出会いがなくて
どうせ来たのだから・・・ぐらいの気持ちで
何か買おうかな~
と思い始めていたら



わっっと手に取ってみたら
定価だったら手が出ないお値段が
なんと半額。

そのままお会計へ
とても早かったです(笑
安易に何か買わないでよかった~。

1900年代初めのフランスの棚受け。
こんな素敵なもの
お店だったら絶対定価です!
だから骨董市はやめられません~

1点大物買いして、もうお腹いっぱい。
後は楽しく見て回りました。

イカリのエンボスの付いた
旧日本海軍の精密機械油が入っていた瓶

小ぶりのラダー かわいいよ~

素敵な香水瓶も目の保養に

あとは

すり硝子の蓋の、理科的な瓶

ぽってりかわいい形だった。
標本みたいに
ドライのお花を入れたらかわいいだろうな
と思いつつ
ラベルの端が残っていたので見たら
「病名」
きゃあぁー!なになに~
何が入っていたのぉ~
ワクワク




  1. 古いもの