FC2ブログ

patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




鉱物Bar vol.10 にて鉱石(イシ)茶会とみずのそら :: 2017/08/21(Mon)






ライン47



鉱物Bar. vol.10 で開かれた鉱石(イシ)茶会に
はじめて参加しました。
「Galleryみずのそら」は閉廊されるとのこと、こちらでの開催は今回で最後です。
せっかくなら行ったことのない時間帯を、と
夜の予約希望が通ったその日から指折り数えて楽しみにしていました。
鉱物Barの会期中は、行けるチャンスが3回あったのですが、
この最終日のためにぐっと我慢(笑

フジイさんのお話とアルコール、
なのさん&彗星菓子手作所さんのお菓子とお茶が頂けます。

170821d.jpg

カフェスペースのテーブルには鉱物コレクションが展示されていました。

170821h.jpg

花弁一枚一枚が際立つ見事なアイアンローズ
黒と、赤い水晶 不透明と透明のコントラストが素晴らしい。
理想のアイアンローズにいまだに出会えていませんで、諦めていましたが…
素晴らしいものを見ると、「やっぱほしい。やっぱ探そう」欲がむくむくと。

170821g.jpg

水晶にアクチノライト。照明にキラキラ。
インクルージョンものも見ていて飽きません。

170821n.jpg

フジイさんとっておきのドイツのフローライト。
自然光でみると海のような景色だそうです。。。が、夜でしたからね。
それでも、参加者さんの白色LEDにて照らすと会場が「わっ♪」となりました。

170821c.jpg

実物綺麗…だけど写真では伝えきれない!紫が強く出ちゃう~><
写真が難しいやつだコレ (pωq)アウアウ
実物を見た人だけの特権としておきしょうか…どなたか自然光で撮った写真をPlease!

↓先の参加の人々の画像で気になっていたもの…。

170821a.jpg

The geometric symbols are visual instruments that can help bring our vibrations
into harmony with the rhythms of nature. The same refined,regenerative technology
that nature has evolved can be used in ways to help organize our own thought patterns.

「幾何学的シンボルは、私たちの振動を自然のリズムと調和させるのに役立つ
ビジュアルインストゥルメントです。
自然が進化したのと同じ洗練された再生技術は、
私たち自身の思考パターンを整理するのに役立つ方法で使用することができます。」
(google 訳のまま)

錬金術にまつわるものらしく、水晶を研磨したもので、
左から、
Fire 火  Tetrahedron 三角錐
Earth 土 Hexahedron  六面体
Air 気  Octahedron  八面体
Water 水 Icosahedron 二十面体
Universe Dodecahedron 十二面体

自然のリズムとは「万物」。
古代ギリシャ人は、「万物は火、気、水、土の四大元素から構成されている」と考えた、とのことでした。
それの具象化 ってことで結晶形に表した?
錬金術とはそもそも、抽出したり再生したりするための技術、みたいなもんだと思うので。

「万物の構成」と「具象化」と「思考パターンの整理」の、3つを表している
…なんかめちゃめちゃ深いアイテム。
万物をなぜこの結晶形にそれぞれ当てはめたか?
自分なりに考えて、火・土・気・水の全部の結晶を集めたら、Universeの結晶に?とも思ったんですけど
十二面体になっちゃうから、違いますね^^;なんでしょうね。


撮影タ~イム♪

170821b.jpg


フジイさんからの説明。
鉱物そのものをかたどったお菓子、と言うより、
今回は鉱物にまつわるストーリーを感じさせる趣向の茶会です、とのこと。
熱水や圧力の影響で出来る鉱物。目には見えないけど地中深くに結晶している鉱物。
そんなストーリーを感じながら、
実際の鉱物を眺めながら、酒を呑む。目で楽しみ舌で楽しむ。

結晶形のお菓子。石の並びに混ぜたらわかりません。

170821f.jpg


ゴボゴボとした大地の湧き出る力の中にある
結晶になる前の青い液体。

170821e.jpg

天然の青色とのこと。このリキュール原液を試験管のまま、くいっと。
原液なので濃さがありましたが、そのぶん香りが鼻から抜けていく感じ。
色と甘い味、香りまでも十分に楽しめました。

お酒のあと、いただいた和菓子は果てしなく優しい餡で出来ていました。

170821i.jpg

丁寧に作られていることが分かる贅沢な時間。
あんこに癒やされるとは~~T^T

次のプレートは

170821j.jpg

あ、何やら地中にある…

170821k.jpg

出た!結晶!(あ、劈開しちゃった…)

170821m.jpg


優しい餡には緑茶を合わせて。
生のリンゴ(梨かも?)と葡萄がゴロゴロと茶葉と一緒に入った硝子の急須。
見た目にも鉱物を連想したものとのこと。
飲んでみると、ほんのりフルーティーな緑茶…楽しいおいしい♪
ぶどうはみずのそらの庭になっていたものを摘んで。
 
同席された方がお茶に造詣が深く、
この茶葉、何を使っているんだろう…と質問されていたりしました。
興味のベクトルが違うと、
こちらもおこぼれ話が聞けて、へぇ~となって興味深いです。

私はいつも1人で行くので、
この日この場で出会った方とお話するのも楽しみの一つです。
いままでも、開場までの長い時間を涼しいところを探しながらおしゃべりしたり、
「念願の催しでやっとこれた」ということでお茶席で熱い思いを聞いたり、
お互いの戦利品を見せ合いっこしたり、ドリンクをツーショットしたり。
鉱物アソビさんだけでなく、皆さんそれぞれのファンの作家さんを目的にいらっしゃっていて
オススメな作品とか、こんなきれいなお菓子が有るとか…。
今回はお隣の方にお茶について。
…緑茶葉にハーブをブレンドして淹れるなど、教えてくださいました。
ハーブティーは単体で淹れるものと思い込んでいたので目からウロコ。
たしかに緑茶ブレンドの方が飲みやすいかも。


170821o.jpg

今年も素敵な事があったな~とほろ酔いで、現実に帰ってまいりました。

◆◆◆


「10年は続けたい」という遺志をついで、息子さまによって続いていたというみずのそらは
大きな水盤のお庭が印象的。
晴れの日は空を映して、雨の日は大小の水紋が楽しげに美しい。
まさに「みずのそら」!
鉱物Barは時間帯と季節柄で通り雨であることの多いのですが、
道路から一歩入った住宅街に有るためか、静けさと相まって、
窓際の席で水紋を見ながらほろ酔いになることが、私にとってとても贅沢なひとときでした。
雨の日って良いな、と気付かされ、以降訪れる日が雨だと嬉しくなるほど。
晴れの日は水面から反射する光と葡萄棚の影がゆらゆらと室内に落ちて、
これまた非日常なひとときでした。美しい写真が撮れます。
個人的にお話をしたことはありませんが、
いつも開場前に玄関の木片「close」を「open」にして迎え入れてくれていた
小柄でおちゃめな雰囲気のオーナーさんでした。
最近見ないな、盛況な催しになってきたし若い人たちに引き継がられたのかな、と思ってはいましたが。。。
閉廊の情報とともに事情を知り、驚き悲しかった。
ギャラリーのコンセプトはオーナーさんの言葉でHPに残っています。
庭にこんな素敵な水盤を作るに至った経緯を聞いてみたいものです。
私基準ではありますが、なかなか思いつかないと思うんですよね…このようなお庭。
始めること以上に維持することも大変だと思うので、
息子さまにも感謝。お疲れ様でした(レギュラー復活をこっそり願いつつ)。

ずっと味わってみたいと願っていた夜のギャラリーに伺えて本当に良かった。
vol.3から毎年通って7年目、twitter上で交流はさせていただいていたものの、
鉱物アソビ・フジイキョウコさんに初めましての自己紹介。
茶会が終わった後もお話させて頂き、今までのこと、今後のこと…感慨深い夜となりました。
「みずのそら」を中心とした界隈の皆さんで続けてきたというお話が心にしみた。

◆◆◆


かなりの余裕を持って家を出たはずが、あちこち効率考えずにウロウロしていたので、
実は茶会受付時間にギリギリセーフでした。
しかしながら「一目惚れ」、それは一瞬のこと、なので時間は必要としません。。。
ウフフ♪茶会前にしっかりお買い物。

170821q.jpg

天藍石色の、青い古い箱。
高さのある箱で、鉱物を収めるのにぴったりなのも嬉しい。


去年の購入時に、こうしたいと思ったこと2つ。
1つは、「石フリマにシャツに付けていこう」(実行済み)。
で、「夏の帽子につけても素敵」、と思った残るもう1つを実行。

170821p.jpg


ほらやっぱり素敵。
うっかり無くさないよう糸で補強しています。










ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ







  1. 鉱物
  2. | comment:0



<<ダークグリーンのお洋服/リラのベランダ | top | 薄荷色の君>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する