patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




【ドール】お洋服~祖母の羽織の裏地から。 :: 2015/07/07(Tue)




ライン47



実家でこの端切れを見つけてから
お人形のドレスに仕立て直したら素敵だろうなあ~
と思っていました。

祖母の羽織の裏地(羽裏)です。

やりたいと常々思っていたので、
やろうと決めて勢いで作ってみたら、

あれ?

150707g.jpg

ぐちゃぐちゃ。
わからなくて、裏返したり表に返したりで
ほつれもひどくなってしまったし。

結局、本を何回読んでも写真が理解できなくて、挫折。
敗因は
・シルクは柔らかいので型紙を写し取るのが難しく、チャコペンシルではよれてズレた。
・テーブルの上に布を置いたので滑らかな布は滑ってしまい、ズレた。
・裏布、表布、ともにシルクにするとお互いがツルツルしてまとまらない?
・後ろ見頃の向きを付け間違えた(気付いたときには既に遅し)。何とかなるだろうとそのまま。
・本の説明文章が頭で理解できなかった。構造もイメージできなかった。
・本の型紙と、作り方とが、一部違った(わにするのか、しないのか)。

とくに文章の言い回しが・・・頭がこんがらがりました。
「たたみなおすってなんなのー@@!」って(笑)


一度この本でノースリーブワンピを作った事があるし
それに袖をつけただけだろう、と思ったのが甘かった。
そもそも、肝心のノースリーブワンピの構造も、もう記憶の彼方に^^;
文章で理解できないのでは、これはもう構造見本を作っておくべきだと思い
シャツの端切れでチマチマと
何パターンか作りはじめました。

150707h.jpg   150707i.jpg

150707j.jpg


チェック柄の綿のシャツは
まっすぐ切ったり縫ったりするのにとても便利でラク~。
シルクを扱った後だから特に!

私にも「たたみなおす」が理解できた~☆
ここまで見本をつくり
前回の反省を踏まえて再チャレンジ。





まず、型紙とりに神経使いました・・・疲れましたort

希望はパフ袖ですが、無理せずシンプル長袖に。

もう懲りたのと面倒さから、裏布は紙(トレーシングペーパー)に。
これがかえって薄く、
且つしっかり仕上がったように思います。



そしてワンピじゃなくてツーピース。

150707d_20150709220017519.jpg



上身ごろだけでかなり神経をつかったので、疲れてしまって・・・。
ここまできて失敗したくないので、
リボンかレースでウエストラインを目隠しするとして、
布を巻きつけるだけにしました。


どれがいいかな?

150707b.jpg 150707c.jpg

150707d.jpg

150707f.jpg



んー。
オレンジかな (*´∀`)


縫い目も粗く、生地もややよれ、
袖も何とか通る、というお粗末さですが
なんとか出来ました~。
↓↓↓


ライン49










お披露目~。



150707l.jpg





150707m.jpg


衣擦れの音が聞こえてきそう。


怪我の功名ではございますが
後姿が特に好きです。

裏布、表布タイプのお洋服は大変ですけど
やはり仕上がりが綺麗だなと思うものが出来上がりました。
縫い目が粗くても何とかなるもんです。


ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ

  1. ブライス
  2. | comment:0
<<石女子会♪ | top | 5月の薔薇<終わり>>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する