patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




蛍光する蛍石八面体 :: 2014/08/28(Thu)


ライン51                                ライン52
先日のcafeSAYAでは
へき開割り体験と、もう一つのお目当て・・・
インクルージョンが蛍光するイリノイ産蛍石八面体を見たかったのです。

イリノイ産は普通ブラックライトで蛍光しないと思っていたところ
稀に、イリノイ産でも蛍光するものがある、との事。
お店のHPでその存在を知りました。
しかも、八面体全体がするものもあれば、インクルージョンのみがするものもあると。
蛍光するのはクリアな蛍石が多いようです。

内容と画像を見て、なんて綺麗なのだろう!
ブラックライトに反射して青く見える蛍石と、点々と蛍光するものが、銀河の星のようだ、と思い
うちにあるイリノイ産八面体に片っ端からブラックライトを当ててみましたが
どれもしませんでした。がっかり。

なので、是非是非見たいと思いは募るばかり。

当日、
偶然同席したzabienaさん(「時計草の庭通信」)のコレクションとお店のコレクションとを
見せていただき、思ったとおり幻想的でため息をついていました。
いつか欲しいな~。
でも、蛍光します!としてイリノイ産は売られていない(知られていない)ので
今後買った蛍石にブラックライト当ててみるか~。

この日にへき開割り用に配られて、持ち帰ったイリノイの八面体。
一つはインクルージョンがあり、一つは角が平らなもの、一つは紫っぽいもの。
三つとも透明度がいまひとつで、まあ割るようだし、
と思いながら当日は恐れ多くて手をつけずに割らなかったものです。
(中国産だけをずっと割ってました。)

友人にあげようかなと思い用意をしつつ、
いやまさかでも念のため・・・程度に家でブラックライトを当ててみたら
なんと蛍光したのです。信じられませんでした。
割らなくて良かったー(笑)これはあげられないーっ!


140828a.jpg

140828b.jpg

140828c.jpg

140828d.jpg

↑これがもともとの写真です。
暗い写真でボケてますが、嬉しかったので!
ライン53                                ライン54



  1. 鉱物
  2. | comment:0



<<明野町ひまわり~奇石博物館 | top | 鉱物Bar/cafeSAYA蛍石八面体劈開ワークショップ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する