patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




小学生全集62「天文の話・鉱物の話」 :: 2014/07/06(Sun)



ライン47



小学生全集は
昭和初期に文芸春秋社が出していたシリーズで、
活版印刷の凹凸や
『銀河鉄道の夜』のような昔の丁寧な言い回しが好きです。

それだけでも好きなのに
さらに天文と鉱物の話が一緒になっているなんて!と求めました。


DSC08790.jpg



DSC08793.jpg


当時では、地球上から天体望遠鏡でしか観察できなかったと思うのですが
木星や土星の質量や地球からどれくらい離れているかなどに言及していて驚きました。

もっとも、火星に生物が住んでいると言っています・・・^^
土星の世界についても、
天いっぱいに虹のように広がって見える輪と10個の月が並んで見えるのでしょう、
と言っていて、
ガス惑星ですから実際は違うのですが、想像力を刺激され私の好きな一文です。

鉱物については・・・
石炭、石油、鉄鋼石や金銀など、実用や宝石価値重視の鉱物です。
観賞とか趣味とかよりも・・・まあ、戦前ですから。
アルミニウム(ボーキサイト)が鉄に変わる未来の鉱物として取り上げられています。

(ちなみにこのシリーズの関連で言えば
「園芸」もわくわくしながら読んでみたら、
小学生向け、とは思えない家庭菜園の話でした。)


銀の結晶。しぶい。

DSC08794.jpg




私の好きなフローライトはこのような昔の本には出てきませんねぇ。
あんなに綺麗なのにな。元はといえば、ただの工業用触媒ですから、ってことでしょうかね。
不思議とアレキサンドライトが良く出てきます。
夜と昼とで色が変わる(光源によって色が変わる)、というめずらしさでしょうか?




ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ


  1. 古い本
  2. | comment:2
<<ミネラル・ザ・ワールド横浜 | top | 5月のアカオ ハーブ&ローズガーデン>>


comment

こんにちはです^^
なんか懐かしいほっこりとした本の姿です。。。
紙も、今と違ってザラザラ感がある・・・そんな感じではないですか?
  1. 2014/07/20(Sun) 11:10:22 |
  2. URL |
  3. 玉虫色 #-
  4. [ 編集 ]

玉虫色さん


> 紙も、今と違ってザラザラ感がある・・・そんな感じではないですか?
そうそう、そうなんです。手触りのある紙は存在感がありますね^^
言い回しもとても丁寧で、
「年上を敬う、年下を慈しむ」という良き時代の本だと思います。
  1. 2014/07/22(Tue) 19:28:42 |
  2. URL |
  3. くつ箱 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する