patati patata

石と薔薇と小さなお洋服




薄荷色の君 :: 2017/08/08(Tue)


ライン47


新宿伊勢丹本館でやっていた
TASAKI×宝石の国 のコラボジュエリー展示を
見に行きました(現在、新宿展示は終了)。

沢山の画像がtwitter上で挙げられているので、見てみて下さい。
奥行き感やキラキラ感などはやはり実物を。

8月24日(木)~9月25日(月) TASAKI 銀座本店 1F
10月4日(水)~10日(火) 阪急うめだ本店 へ巡回するそうです!
関西の方、是非♪





フォスフォフィライトなんてもう50年以上前には絶産していて
こんな見れる機会はもうないんじゃないかと思って。
すごくすごく綺麗でした。そして大きい。輝く透明な薄荷色。
エキスパートがカットするにもその弱さゆえ
20%の成功率だとか…ってことは80%は失敗
((((;゚Д゚)))))))

他のキャラクタージュエリーも圧巻で、極上ルースを揃えたそう。
絶産のものもあり
通常のルートではなく世界のコレクターさんにお頼みしたものもあるようです。
ユークレースが大変綺麗なブルーで、魅力的!
こんな真っ青あるんだ~。
ヘモミルファイトも半透明でカットも色も美しく驚きました!!
こんなに柔らかに光を通すのね。
ダイヤの原石をアクセサリーにするだけで粋なのに
それに金色パールを合わせる相乗効果といったら!

twitterではその道の人々が得意分野を話題にしますから
漫画でお買い物レポあり、ルースはもちろん真珠までも説明あり、
カットの説明あり、台座の見どころの説明あり、原石の説明あり、
店員さんの説明とか仕入れの話とか、そして宝石の国ストーリーの事とか
いろいろと「へえぇ~」の連続でした。楽しい^^

伊勢丹の雰囲気にテンパって私は見逃しましたが
原石展示もあったようです。
↑これ、とてもいい企画。

TASAKIさんの常連さんから、漫画ファン、鉱物ファン、ルースファンと、
年代様々、期間中は色んな人が訪れただろうと思います。
私もその1人。





本当は見て満足して物欲を抑えようと行ったのに
・・・逆効果(だよねー)。影響で欲しい病が再燃。
だってだって前から欲しかったし、10月のTV放送するこれからがピーク…。
一週間ほどグルグル悩みましたが、
「これ以上自分の心をだませない…!」
とか、真澄様的に勢いで抱きつき(こらっ)
フォスフォフィライト…の欠片を入手しました。


今は個人採集者が細々採っているらしいです。


170808ai.jpg



硬度3半が弱い、っていうけど…蛍石だって硬度4だから
注意はすれども恐れることはない・・・とか思っていたんですが
フォスフォフィライトは
劈開性はさることながら靭性(←これ最近覚えた!)も弱いらしい。
つまり傷がつきやすく、劈開性があって、脆性な石。

もろい。

硝子蓋や硝子試験管を観賞用に使おうものなら
その硝子との衝撃で結晶が割れるかもしれない!?
硝子に結晶が負けるかもしれない!?
むーん。この届いたプラケースのままで!!



トパーズなんかはモース硬度8だけど靭性5
ダイヤモンドはモース硬度10だけど靭性7.5(水晶も靭性7.5)
傷はつきにくいけど、ぶつけると欠けちゃう。
硬いことが強靭であるとは限らない、と。
(↑今さら覚えた)
逆に翡翠は傷は付くけど割れにくい。だからカービングに向いているのか~。


店頭で頂いたリーフレットと。

170808b.jpg





ライン49



↓ランキングに参加しています↓
↓素敵な古いものがたくさん♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨(・レトロ雑貨)へ






  1. 鉱物
  2. | comment:0